住宅ローンの比較

住宅ローンは大手銀行や信託銀行、地方銀行など多くの金融機関から提供されています。

それぞれの金融機関にも金利のタイプごとに商品があるため、一体どの住宅ローンを選ぶべきか悩む人も多いでしょう。

そこで住宅ローンを決めるための3つのチェックポイントを紹介します。



借り入れする住宅ローンを決める3つのチェックポイントのまず1つめは金利のタイプを選ぶことです。

金利タイプには「全期間固定金利型」「固定金利選択型」「変動金利型」の3つがあります。

どの金利のタイプを選ぶかは、これから金利が上がっていくと予想するか下がると予想するかによります。

いまは超低金利が続いていますので、変動金利型を選ぶ方が多いと言われています。



ふたつめは融資事務手数料です。

融資事務手数料には「定率型」と「定額型」があります。

「定率型」は融資金額によって手数料が数十万円になってきますので、金利とあわせて注目するポイントです。



3つ目が繰り上げ返済の仕組みがどうなっているかです。

繰上返済ができると早く返済することで支払総額を抑えられます。

少額返済でも可能かどうか、手数料がかかる場合はどのくらいかチェックしましょう。



以上のことは新規に住宅ローンを組む場合も以前のローンを借り換える場合にもあてはまります。

住宅ローンを借り換えするなら

今の金利が高いかなと感じたらできるだけ早く借り換えを検討してみましょう。

先延ばしにしているあいだもどんどん利息は取られていくわけですからね。